美白マニア必見!シミに効果がある有効成分3選

食品にも含まれているビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体は、わたしたちの体の中で、酵素と反応してビタミンCへと変身する物質です。ビタミンC誘導体には、赤くなったニキビを沈静化させたり、肌の黒ずみを抑える効果もあるのですが、シミによく効く成分として有名ですよね。メラニン色素の生成を抑制する効果があるため、既にできてしまったシミを目立たなくし、新しいシミができるのを防いでくれます。食品添加物としても使用されていて、口に入れても安全なんです。だから、化粧品としても安心して使用できますよね。

酵素の力でシミを撃退

オリーブオイルやべに花油などの、食物由来のオイルに豊富に含まれているリノール酸。健康食品としても、その効能の高さは証明済み。このリノール酸から作られたリノール酸Sという有効成分には、保湿や抗炎症作用があります。また、シミの発生原因であるチロシナーゼが増えてくると、それを分解する働きもあります。その結果として、生成されたメラニンを体外に効率よく排出できるようになります。リノール酸Sも、もともとは天然の植物から作られているので、肌が弱い人も安心して利用できます。

味噌や醤油に含まれているコウジ酸

わたしたちが、普段の何気なく食べているお味噌やお醤油にも、シミに有効な成分がたっぷりと含まれていることをご存知ですか?味噌や醤油などの発酵食品には、数千種類以上の酵母菌が生きています。これらの酵母菌が、コウジ酸というシミによく効く成分を作り出しているんです。コウジ酸は、チロシナーゼが活性化するのを抑えこむ働きを持っています。チロシンキナーゼといえば、アミノ酸の一種ですが、体内で増えすぎてしまうとシミができたり、癌になったりする恐ろしい物質です。このチロシナーゼが増えないようにコントロールしてくれるのが、コウジ酸です。

品川美容外科の2chについて調べる

コメントは受け付けていません。